Vanishing Vision

お察しの通り僕は未だに許せないことが多々あって

日々精進してるつもりなんだけど

すぐ我慢しきれなくなって心の中で怒ってしまうことがあります。

 

そんな中2病のぼくを昔から一番支えてくれたのは

X(X Japan)です。

 

Vanishing Visionというアルバムが世に出た時

丁度中学から高校になったころだったかな

自分の日々の生活を全て表現してくれていて

あまりにも俺たちのこと良くわかってくれていることに

感謝の涙と震えが止まらなかった事が今でもどうしても

忘れられない、感謝してるんだけどそのつまり

今でもグサリと背中に刺さったまま

宿命みたいな感じになってしまっています。

 

 

Xは若い子をなぐさめる、とかずっとポジティブな曲を作ってきたとか

メタルを聞かない人はまさかと言うような、でも

Xが好きな僕にはまさにその通りだと思える言葉がちらちらと

ヨシキの口から出ていた(テレビで見たんだと思う)覚えがあります。

 

Vanishing Love時のトシの声はものすごくて

あれはあの時の、僕の心の中の声にしか聞こえないって人が一杯いると思います。

Xがその後メジャーになってだんだん社会に適合していくサマや

途中にいろんな苦難を経験して今でも七転八倒している姿も

やけに自分の身に起こった事とリンクしてしまって

Xには最後絶対に幸せになって欲しい、でなければ私もそうなれない気がしてしまう。

ソロ9小節目頭でパタとヒデが違う方向に歩き始める感じのトコなんか感動します。

 

Xを聞くと反射的に泣いてしまうポイントを列挙します。

・VanishingLoveのド頭イントロ始まったらすぐ泣くw

・VanishinguLoveの「全て砕ーけ散るー」の「くーだー」のとこw

・VanishingLoveの「吐あーき捨てーろ」のとこw

・VanishingLoveでヒデが腕を横にピッと動かすとこ

・VanishingLoveの「りぁーるのっかーう」のとこ

  :

だめだ書ききれないや。

どうしても書いておきたい点があるのでもう一つだけ以下。

・紅ギターソロ頭。

楽器の音で泣くってのが人生最初で多分最後なんだろうな、

自分でもとても驚く話です。信じられないかもしれませんが

紅のギターソロが流れるだけで100%泣きます僕は。

何かの反射になってしまいました。

 BlueBloodのソロもすんごいけどね

あんなソロ世界中で聞いたことがないですはい。

ギターソロだけで冒険ものの大作映画一本くらいに匹敵すると思っています。

ソロ9小節目頭でパタとヒデが違う方向に歩き始める感じのトコなんか感動します。

 

小さなころ

許せないことが見つかり荒れるけど

その環境で生きてく術を徐々にみつけて

おだやかになっていく

大きくなるにつれ

生きてく世界は広がるので

また知らなかった許せないことが見つかり荒れる

そしていつか穏やかになる。

またさらに世界はひろがって。。

と繰り返すんだと思う。

早々に穏やかになれた人は

自分がまだなれてないから負け惜しみなんですけど

世界が広がらなくなっているんじゃないか?

心が弱った時には思ってしまう。

 

そんな時は

トシの声を聞けば1発で勇気が出るからいいのです!

 

 

じゃまた!