VWゴルフトゥーランの変速ショックが軽減

2速から3速へのシフトアップ

3速から4速もちょっと(ここでギアが抜けてしまうことも多々)、

5速から4速へのシフトダウン、

4足から3速へもちょっと、

あとバックに入れたら、

ドカンと驚くくらいのショックを出して繋がる。

これがトゥーランのミッション故障の症状です。

バルブボディなんか交換する金あるわけねー

ディーラーに「なんでリコールじゃないの?責任感じて安くしてくれたりない?VWは不良品を売るの?」

とさんざん嫌味は言わしてもらったけど

さてどうするか。

ネットもディーラも

「バルブボディの中のソレノイドバルブが熱膨張率の違う2種類の金属で出来てるせいで

温まってくると歪みが出て動きに引っかかりが出る」と言っていた。

でもそのわりにエンジンスタート直後もまあまあ出るし

もしかしてただただATFが漏れて足りないだけの様な気もするんだけどなぁ。。

ディーラは電話だけど20万かかるの一点張りで話にならないし。

ということで自分でジャッキアップしてついさっきATFをちょっとだけ(ちょっとしかATF

がなかったので)足してみた。

水もれもエンジンオイルもれも起こしてる僕のトゥーランがATFだけ漏れてない

ことのほうが信じられないw

と思ってバルブボディ周辺を触って、見て、

うーん汚れでよくわかんね。

とりあえず今回キレイに拭いて

漏れてるのか漏れてないのかは次回確認だ。

 

とにかくオイルを300ccくらい追加。

お!?なんかショックがやわらいだぞ!

ギア抜けも減ったぞ!

 

オイル取り寄せてもっといっぱい入れてみよ!

20万なんてかけるくらいなら自分でぶっ壊してやるのだー!

 

もしATF足してすっかり治ったら

トルコン太郎持ってる店で中身をキレーにしてみたいなぁ。。

あれでATFがどんどんきれいになっていく映像を見るとすごくいいよね

そんな金ないけど。

 

とりあえずバルブボディにダイソーの超強力磁石を大量にくっつけてみた。

1000円分。

 

安物買いの銭失いと言われても良いのだ。

高物買いこそ銭失い、馬の目を抜く時代ですぞ。

 

じゃまた!